なかまの里

なかまの里

・障がいのある人びとが労働を通じて社会に参加し、地域でゆたかな暮らしを築く権利の保障。
・障がいのある人びとと関係者一人ひとりが大切にされる事業体として、民主的な運営。
・地域における共同の事業や運動をすすめ、障がいのある人びとが生きがいと誇りを持てる社会。
・障がいのある人びとの夢ある明日をめざし、科学と創造の視点を大切にしながら、団結して前進します。


運営主体社会福祉法人 なかまの里福祉会
住所〒769-0104
香川県高松市国分寺町新名2209-20
TEL087-874-0103
FAX087-874-1730
メールnakamanosato@msc.biglobe.ne.jp
理事長合田 恒彬
施設長・管理者管理者 秋山 まゆみ
職員数12名
利用定員生活介護 20名
就労継続支援B型 15名
利用者数生活介護 25名 (身 1名・知 24名・精 名) 
就労継続支援B型 11名 (身 2名・知 9名・精 名)
併設施設事業なかまの里ケアホーム  
「メゾンふけ」・「メゾン岡本」  
ふれあい広場TOMO
作業環境本館・新館ともに木材をふんだんに使った仕様で、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
作業によっては部屋やグループを分けるなどして作業に集中できるよう心がけています。
付帯設備食堂 医務室
得意とする作業製品等ボルト・ナットの組み合わせと袋詰め
ラッピングペーパーの紙巻きと袋詰め
工業用乾燥剤の箱詰め
各種箱折りと組立作業
オリジナルのイラストを使ったカレンダー作り

責任者のコメント

○一人一人の利用者さんの思いにできるだけ近づけていける支援を目指しています。
○地域に解けこんで行けるよう催し物やバザーにも積極的に参加しています。

「なかまの里」の取扱商品・作業